2020年 八王子少年軟式野球選手権【特別】大会(学童) 優勝!!

昨日、11/29(日)はみなみ野ファイターズさんと真の八王子No.1を決める決勝でした。
連盟秋季大会もしのぎを削った強豪です。
まさに相手にとって不足なしでした。

前回のブログにも書きましたが、都大会の敗戦から1週間でしっかり気持ちを入れ替え、立ち直り、決勝の舞台まで勝ち上がって来ました。

6年生にとってはこの決勝戦も入れ、公式戦は残すところ3試合となりました。

これまで野球の楽しさ、厳しさ、挨拶や礼儀など野球人の前に一人の人間としての在り方などを教えてくれた指導者。
早朝、深夜にお弁当作りや洗濯、自分の肩より選手の活躍・チームの勝利のために投げてくれたバッティングピッチャーなどなど黒子として支えてくれたお父さん、お母さん。
不測の事態でもあったこのコロナ禍においても、練習場所を提供してくれた小学校や聖地でもある滝ガ原G。
そして、このような素晴らしい舞台を用意してくれた八少連の関係者の皆様。
全てに最大級の感謝の気持ちを強く持ち、大好きな仲間、大切な仲間、との一戦必勝の戦いに挑みました。

オークスは後攻。
初回、先頭打者にヒットバイピッチで出塁を許し、3番打者に痛烈なレフト線ヒットを打たれ、あっさり1点献上。
その裏の攻撃。
相手ピッチャーの立ち上がりを突き、1点を返し追加点が欲しい、流れを一気に引き寄せ有利な展開に・・・と思いましたが、そうは簡単にいくわけがありせん。

2回にも1点追加され、4回表まで2-1でリードを許す展開に。
迎えた裏の攻撃、3番から始まるクリーンナップ。
先頭の3番キャプテンが出塁し、1打席目はチャンスで凡退した4番。
何とか最低でも同点に追いつきたい場面。
フルスイングした打球は見事センターオーバーの3塁打でランナーが生還し同点!!(通常の選手ならランニングホームラン(笑))。
続く、スーパー4年生の5番打者も見事打ち返し、この回逆転に成功!!

5回は両者無得点のまま、6回へ。
5回2アウトからエースナンバーへ継投、勝利の方程式、と行きたいところでしたが、ヒットバイピッチ、四球もあり、2アウト満塁の最大のピンチの場面が訪れました!!
こんな、場面、人生でなかなか味わうことが出来るものではありません。
相手は3番打者。
その投じた渾身の一球は、打者のバットが空を切り、見事三振で乗り越えました!!

そして、運命のその裏。
オークスはまたもやこの日打撃の調子が良い3番打者からの好打順でした。

その初球!!
打った打球はもう少し角度が出てれば間違いなく水道管に直撃していた、左中間への鋭いライナー性の打球でした!!
応援席もこの日一番の最高潮の盛り上がり!!
このランニングホームランが決勝点となり、時間切れのためゲームセット!!
キャプテンのサヨナラランニングホームランという丸で映画のような劇的な勝利となりました。

結果、3-4xで見事優勝!!
今年度の真の八王子チャンピオンになることが出来ました!!

4年生、5年生の力を目一杯借り、ここまで色々な試合、大会を勝ち抜いてきました。
最後の最後、その11人のメンバーで思う存分楽しんで、全員が心を1つにし戦ってきた結果だと思います。
トップチームの選手の皆、本当におめでとう、そして最後の最後まで吐き気と感動をありがとう!!

みなみ野ファイターズさん、今シーズン2度目の対戦ありがとうございました。
決勝戦にふさわしい、まさにシーソーゲーム、超激戦、最高の試合だったと感慨深いものがあります。
引続き交流を宜しくお願い致します。

さぁ、いよいよ今週末は中央リーグ2連戦で今年の全ての公式戦が終了、6年生は最後となります。

最後まで気を抜かずに3本目の優勝旗を獲りにいきましょう!!
そして6年生は最後の最後の本当の集大成。
悔いなく、笑って、超楽しんで行こうぜ!!

最後に、昨日はお忙しい中、応援に駆けつけて頂いたOB・OG、オークス低学年のスタッフ、選手、保護者の皆様、本当にありがとうございました!!
まさに応援を力に変え、オールオークスで掴んだ優勝だと思っています。
最後の最後に最高の舞台で最高かつ最幸の想い出が出来ました。

オークスはまだまだ、東京制覇、全国制覇と高い目標へのチャレンジは続きます。
変わらぬご支援、応援を宜しくお願い致します!!

2020年 八王子少年軟式野球選手権【特別】大会(学童) 決勝進出!!

2020年として最後の祝日があったこの3連休。

先週末の都大会敗戦を受け、気持ちの切り替えが勝負を左右するこの1週間でした。

2回戦から約1ヶ月開いた11/22(日)、つくしシャークスさんとの3回戦が行われました。
結果は8-0で勝利。
監督を始めとした指導者からの言葉をしっかり選手達は理解し、油断や慢心は消え、また気持ちの切り替えも出来ていました。
これもすべては練習後のオンラインゲームでの一体感のおかげなのでしょうか(笑)。

そして、連戦となった23日(月・祝)には松が谷ジャガーズさんとの準決勝が行われ、結果9-2で勝利。
決勝進出の切符を手にしました。
1回の表、幸先良く1点先制。
2回終わりまで1-0の接戦で迎えた3回表。
打撃の梅雨前線停滞中の6年生、1番打者の久しぶりのレフト線ギリギリのライナー性のナイスバッティングにてソロランニングホームランで欲しかった追加点!!
更に1点加点し、迎えた3回裏。
振りの良い相手選手に打ち込まれ、2点を返される苦しい展開に。
4回終了時点で3-2とわずか1点のリードのまま迎えた5回表。
他6年生からもヒット性の当たりも生まれ、多少の光明が見えてきました。
3点を追加し、6-2とし、ランナー2人を置いて9番打者のところで代打、独り言が多い5年生のおかわり君が送られます。
きっとバッターボックスでもブツブツ独り言をつぶやいていたことでしょう(笑)。
代打の意味をしっかり理解し、積極的に初球から振ったその打球はなんとライトへの大飛球!!
ランニング3ランホームラン、一気にこの試合のMVPを持っていきました!!
置き物のように座って応援していたお父さんも流石に後ろにひっくり返ってました(笑)。
その裏をエースナンバーのリリーフがしっかり無失点に抑えゲームセット。
良い流れ、形で次戦につながる雰囲気で終わったと思います。

さて、11/29(日)はいよいよ真の八王子No.1を決める決勝です。
相手はみなみ野ファイターズさんです。

6年生にとっては公式戦も残すところ3試合となりました。
これまで野球の楽しさ、厳しさ、挨拶や礼儀など野球人の前に一人の人間としての在り方などを教えてくれた指導者。
早朝、深夜にお弁当作りや洗濯、自分の肩より選手の活躍・チームの勝利のために投げてくれたバッティングピッチャーなどなど黒子として支えてくれたお父さん、お母さん。
不測の事態でもあったこのコロナ禍においても、練習場所を提供してくれた小学校や聖地もある滝ガ原G。
そして、このような素晴らしい舞台を用意してくれた八少連の関係者の皆様。
全てに最大級の感謝の気持ちを強く持ち、大好きな仲間、大切な仲間、との一戦必勝の戦いに挑みましょう!!

一戦必勝、皆が主役、全員野球で元気いっぱい「超楽しんで行こうぜ!!」

特に6年生は思う存分楽しんで、全力プレーで悔いのないよう全ての力を出しきって下さい!!

さぁ、決勝は11/29(日)9時30分、滝ガ原G-B面でプレイボールです!!

皆様のお力添え、応援をリモートでも構いませんので是非選手達へ目一杯下さい!!
宜しくお願い致します!!

高円宮賜杯第40回記念全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント東京都大会兼フィールドフォース・トーナメント 準々決勝進出!!

10/25(日)から始まった今年最初で最後の東京都大会。
各支部の代表と一発勝負のトーナメント。
ここまでの2回戦。
当然、楽な試合などなく、喉がカラカラ、心臓バクバク、人生で味わったことがないくらいの緊張感で辛勝で来ました。

そんな、11/8(日)は町田市代表の町田玉川さんと3回戦が行われました。

これまで練習試合で2度程対戦したことはあるものの、選手達にはその時のイメージは一切忘れよう、と監督からも前日に話がありました。

前日には所属リーグのスポーツフェスティバルに参加し、閉会後の限られた時間、当日の早朝からのわずかな時間で最終調整をしました。

この大会、オークスは初めての後攻となりました。
初回、先頭打者から不運とも言えるテキサスヒット2本等でノーアウト満塁のピンチを迎えました。
すかさず絶妙なタイミングで監督からのタイムにてマウンドに内野陣を集め、気持ちの沈静化と確認を行います。
これが功を奏し、多少の失点は仕方がないと思っていたところ、何とか無失点で切り抜けることが出来ました。

ピンチの後にはチャンスあり。
裏の攻撃で先制点を!!
しかし、相手ピッチャーの緩急自在、かつ正確なコントロールにあっという間に三者凡退。

2回の表、この回も満塁のピンチを招き、先制点を取られるも何とか1点で抑えました。
裏の攻撃、先頭打者のホームランにてすぐさま同点に!!
応援席は大盛り上がり!!

その後は両者譲らず我慢のイニングを重ねるも5回の表、追加点を許します。
抜けていれば更に失点、という場面でサードのファインプレーもあり、1点に抑えました。

1点リードを許したまま、6回裏の攻撃。
ランナー1人を置いて、ここまで2打席ショートゴロで凡退していた4番打者。
ここぞ、という時に誰しも期待しないわけにはいきません。
結果は・・・。
左中間を破る弾丸ライナーにて1点を返し、あわやホームラン、と行きたかったところですが、3塁を回ったところで疲れてしまいました(笑)
しかし、この回、何とか同点に追いつきました。

最終回の7回はお互いに無失点のまま、無死1・2塁、継続打順からの特別延長に。
必死の守りで無失点のまま1アウトをとり、上位打線に回り、申告敬遠にて満塁にします。
レフトへの大飛球があり、抜けていれば大量失点の場面でしたが、5年生レフト君のファインプレーもあり、失点を許しません。
しかし、その後センター前に打たれ1点追加点を許し、最後の攻撃を迎えました。
先頭打者がしっかりバントを決め、1アウト2・3塁にします。
打順は上位へ。
しかし、不運にも2アウトになってしまい、5年生の2番打者を迎えます。
カウントは2ストライク。
そして、次の1球・・・。
神様、仏様、2番打者様・・・。
時はスローモーションのように見え、全員で見届けた打球。
お見事、右中間へしっかり打ち、ランナー2人が生還し、サヨナラ勝ちとなりました!!

ここまで様々な試合、大会、4・5年生の下級生に数々の試合を助けられてきましたが、またも、強心臓、チャンスに強い5年生に助けられました!!

右中間へ飛んだと分かった瞬間、応援席は勝ちを確信し、雄たけび、涙、熱い抱擁、もはや何でもありな感じでした。

オークス史上初、東京都大会ベスト8進出となり、次戦、準々決勝は会場を駒沢オリンピック公園総合運動場硬式野球場へ移し、ベスト4をかけて戦います。
しかし、その相手は東京No.1と言われるピッチャーを要し、かつNPB12球団ジュニアトーナメント2020にも選出された選手を複数名要する江東区代表の「深川ジャイアンツ」さんに決まりました。

昨日の試合後、帰りの途中に選手達が舞い上がらないよう、会場の下見もバッチリ。

立派な試合会場で試合が出来る喜び。
ここまで全員野球で勝ち上がってきた仲間と自分を信じ、オークスとして初対戦かつ超強豪の相手の胸を借り、精一杯やってやりましょう!!

一戦必勝、皆が主役、全員野球で元気いっぱい「超楽しんで行こうぜ!!」

先週対戦させて頂いた栄ホークスさん、昨日対戦させて頂いた町田玉川さん、対戦ありがとうございました。
練習試合等含め、引続き交流を宜しくお願い致します。

また、本大会、ここまで3週間連続で目黒区砧野球場で試合をさせて頂きました。
コロナ禍の中、感染予防等に最大の対策を頂いた、東京都軟式野球連盟、目黒区軟式野球連盟、及び関係者の皆様には感謝しかありません。
この場をお借りし、御礼申し上げます。
ありがとうございました!!

さぁ、準々決勝は11/15(日)10時30分、目黒区砧野球場B面から駒沢オリンピック公園総合運動場硬式野球場へ会場を移しプレイボールです!!

皆様のお力添え、応援をリモートでも構いませんので是非選手達へ目一杯下さい!!
宜しくお願い致します!!

東京都知事杯第3回東京都軟式野球マクドナルド・ジュニアチャンピオンシップ VS 金町ジャイアンツC

前日の雨天からはうって変わって晴天で迎えれた東京都大会の初戦。
前日は屋内練習後に、各メンバーで所信表明を行い気合十分!!
(皆、恥ずかしながらも自分の言葉で気持ちを伝えれていました。チームで勝ちたいというコメントが多く、子供たちの成長を感じた次第)

会場は全面人工芝の大田スタジアム!
試合前に観客席より人工芝を見て、テンションあがる子達。
気負いはないようです、、、、
試合開始前にボールを使わないアップと集合写真。

スタメンの子もベンチの子も皆一緒に整列して試合開始です。

いつもより声が少し小さいような?若干緊張している??
さぁ試合開始!存分に楽しんで!!

(以下、試合進行)
1回表 オークスの攻撃
三者凡退、、、わずか7球で攻撃が終了。
地区予選決勝戦の勢いはどこに??
1回裏 ジャイアンツの攻撃
ランニングホームラン、繋いだ打撃でいきなり4点のビハインド

2回表 三者凡退、、、わずか8球で攻撃が終了。?皆どうした??

ベンチの応援も気合が入ります。反撃はこれから!!
2回裏 1回の慌ただしさはなくなり、1つエラーは出たものの0点に抑えました。反撃のリズムは守備から!

3回表 この回もわずか9球で攻撃が終了。
我慢の時間は長い、あきらめずしっかりバットは振っている。
3回裏 安定を取り戻し、16球で0点に。

4回表 わずか5球で攻撃終了。
4回裏 ピッチャー交代、出塁許すも0点に。

5回表 最後の攻撃もわずか9球で0点。
ゲームセット

終わってみれば、わずか38球で1安打完封負け。
初回の4点から流れを引き戻せず、あっという間に終わってしまった試合でした。
実力の差がでてしまった結果かな。
悔し泣きする子も、、、
3年生レギュラーコンビ、試合に出れなかった1~3年生、この悔しさや感じたことを活かして来年はリベンジ!!

皆様、熱いご声援ありがとうございました!!

高円宮賜杯第40回記念全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント東京都大会兼フィールドフォース・トーナメント 初戦突破!!

前日、滝ガ原Gで行われた小柳ヤングキラーズさんとの三多摩春季兼秋季 決勝トーナメント 1回戦。
前々から土曜日の試合には気持ちの入れ方や課題も多いのですが、案の定、悪いところが全て出た厳しい言い方をすれば目も当てられない、必然の敗戦・・・2-5で初戦敗退となりました・・・。

翌日には最初で最後の都大会初戦が控えているにも関わらず、誰しもが「このままじゃ勝てるわけがない」と厳しい現実を突きつけられたな、と思ったはずです。
それくらい良いところを探す方が難しい試合内容でした。

そんな都大会初戦は8時30分からの第1試合のため、早朝から集合、現地入りし、先手必勝で準備、ウォーミングアップに入ります。
井畑コーチのメリハリの効いた明るく楽しませる、子供達を盛り上げようとする指示、確認の元、選手達も前日の敗戦からどこか気持ちを切り替え、雰囲気は良い感じでした。

応援団の人数も気合いも十分!!

オークスは先行!!
初回に幸先良く2点を先制。
守りも堅く、前日とは全く違う、本来の姿を取り戻し、順調に加点します。
3回終了時点で5-0とリード。
しかし、相手も4回裏、5回裏と1点ずつ加点し、5回を終わって6-2とリードはしているものの、選手もベンチも応援団も安心感は一切なく、集中力も切れることなく、貪欲でした。
7回表にホームラン等で2点加点し、裏をしっかり抑えゲームセット。
8-2で初戦突破となりました!!

結果論、前日の敗戦が良い薬になったのかな、と。

一発勝負のトーナメント。
負ければその時点で終了です。
2回戦は杉並区の強豪、久我山イーグルスさんを破った西東京市代表の栄ホークスさんに決まりました。

先日の三多摩春季兼秋季 予選リーグで負けた同じ西東京市のひばりが丘ヤンキースさんにも勝ってきた強豪です。

敗戦を教訓に各自の気が再度引き締まったはずです。
勝負の世界なので勝った負けたは当然ありますが、どちらにしてもこれまで教わってきたこと、練習してきたこと、この仲間でやってきたこと、そして自分を信じ、全てを出し切って欲しいと思います。

全員野球で元気いっぱい「超楽しんで行こうぜ!!」

小柳ヤングキラーズさん、八小少年隼さん、対戦ありがとうございました。
また、練習試合等含め、引続き交流を宜しくお願い致します。

さぁ、2回戦は11/1(日)13時45分、初戦と同じ目黒区砧野球場B面でプレイボールです!!

皆様のお力添え、応援をリモートでも構いませんので是非選手達へ下さい!!
宜しくお願い致します!!

東京都知事杯第3回東京都軟式野球マクドナルド・ジュニアチャンピオンシップ 組合せ決定!!

連投になりますが、TOPチームの代理抽選同様、ジュニアチャンピオンシップの組合せも本日、東京都軟式野球連盟の皆様にて厳正に代理抽選が行われました。

抽選の結果・・・。
赤枠4番となり、初戦は10/18(日)10時半、大田スタジアム。
対戦相手は葛飾区の強豪、金町ジャイアンツCさんに決まりました。

出場49チームにて東京都No.1を決める超ガチンコ勝負です。
各地区を勝ち上がってきた強豪に八王子代表としてチーム一丸、持ち前のノリと勢いで一戦必勝で挑みます。

TOPチーム同様、「超楽しんで行こうぜ!!」。

皆様のお力添え、応援を宜しくお願い致します!!

高円宮賜杯第40回記念全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント東京都大会兼フィールドフォース・トーナメント 組合せ決定!!

本来であれば、64チームの代表者・キャプテンが集まり代表者会議・抽選会が行われるはずでしたが、コロナ禍にあるため、本日、東京都軟式野球連盟の皆様にて厳正に代理抽選が行われました。

抽選の結果・・・。
赤枠32番となり、初戦は10/25(日)8時半、目黒区砧野球場B面。
対戦相手は府中市代表の強豪、八小少年隼さんに決まりました。

出場64チームにて東京都No.1を決める今年最初で最後の超ガチンコ勝負です。
各地区を勝ち上がってきた強豪に八王子代表としてチーム一丸、一戦必勝で挑みます。

「超楽しんで行こうぜ!!」

皆様のお力添え、応援を宜しくお願い致します!!

第3回 ジュニアチャンピオンシップ八王子予選☆初優勝☆

TOPチームが秋季大会初優勝を果たした翌週9/27(日)。
第3回 ジュニアチャンピオンシップ八王子予選の決勝戦が行われました。

ここまでの試合・・・
初戦は松が谷ジャガーズさんのスローボールに苦戦しながらも、5-2で勝利!
2回戦 VS 北野バイオレンズさん。
2点先制するも、3回表に1点返され、裏に1点取り返すというまさにシーソーゲーム。
そして4回表、満塁のピンチを切り抜け3-1で勝利!
準決勝 VS N・Yジュニアさんとの試合は、なかなか点が入らない緊迫した試合展開に。。。
3回裏ついにキャプテンのレフトへのヒットから、一気に波を引き寄せ、この回5点を奪う。
4回裏にはランナー1塁でバッターボックスに立った3番打者がレフトオーバーのランニングホームランで7-0!
コールド勝ちで決勝へのコマを進めました。

そして迎えた決勝戦 VS みなみ野ファイターズさん。
朝からそわそわドキドキ緊張している親の気も知らず、リラックスムードの選手達。
試合が始まると一気にキリっとした顔つきになり、1番2番の3年生コンビが走るは打つはでチームに勢いをつけ、初回から4点を先制。
ノリと勢いがウリの低学年チームらしい滑り出しで、ベンチの下級生も保護者も大盛り上がり!
守備も落ち着いていて、1点も許さず2回裏の攻撃へ。
しっかり打ちながらも足で稼ぎチャンスは逃さずこの回も5点追加で9点差に!
がしかし、やっぱり野球はわからない、、、
3回の表2アウト、1つのミスから崩れだすオークスメンバー。
ランナーが溜まり焦りもあってか、大量の点差があるにも関わらずじわじわと入る点差に顔が強張り、今まで安定していた守備にも無駄な力が入ったのかミスも出はじめる。
表情も暗く、声も出せない状況に。
相手もチャンスは逃さずしっかりと進塁し9-3。
ここまで踏ん張っていたエースも満塁の場面で3年生のリリーフと交代。
四球で押し出すも、次のバッターをきっちりと抑えピンチを救う!
3回の裏、取られた分はきっちり取返し12-3。
4回の表、気持ちを切替え守備に向かう選手達、背中を押すようにベンチからも声援が飛ぶ!
相手の粘り強い攻撃に、何度もくじけそうになりながらもたち1つ1つ確実にアウトを取っていく選手達。
2点返されながらも最後はサードゴロをしっかりさばいて、ゲームセット!
12-5のコールド勝ち!!
ジュニアチャンピオンシップ(JCS)八王子予選大会、初優勝を果たすことが出来ました!

4年生以下の小さな子供達が、泣いたり笑ったり一生懸命プレイしている姿に本当に胸が熱くなりました。
応援に駆けつけてくれた、低学年の選手・OB・OG・保護者の皆さん、本当にありがとうございました。
また、大会を開催してくださった八少連の関係者の皆さん、心より感謝致します。

都大会も、ノリと勢いで全力で戦ってまいります!!
皆様、応援宜しくお願い致します!!

第45回 八王子市少年軟式野球連盟 秋季大会 優勝!!

9/22(祝・火)、シルバーウィーク最終日、いよいよこの日がやってきました。
連休前の天気予報では初日から3日間は雨予報も出ていましたが、てるてる坊主効果もあり、少々の雨は降ったものの、3日目、そして4日目は晴れ間も見え、気温も夏日となりました。

オークスとして創部から37年間、連盟秋季大会のタイトルだけは無冠でした。
幾度となく決勝まで進み、後一歩のところまで行くものの、目前で「優勝」がスルスルと逃げて行ってしまってました。

新型コロナウイルスで様々な大きな中止となり、今シーズン初の大きな、そして、最初で最後の特別な都大会(高円宮賜杯第 40 回記念全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント東京都大会兼フィールドフォース・トーナメント)につながる大会でした。

8/30(日)の1回戦から雨、雨、雨でほぼ3週間流れ、結果としてオークスとしては9/19(土)の2回戦から4日間連続で決勝まで戦わなくてはならない、かつ他公式戦もあり、超過密かつ過酷な試合日程でした。
これが吉と出るか凶と出るかは誰にも予想はつきませんでした。

4日間連続で聖地である滝ガ原Gに通い詰めたのは初めてでした(笑)。

さて、肝心な試合結果ですが、対戦相手は同じ中央リーグのライバルであるアンギラスさん。
これまでにも幾度となく対戦頂いており、また友好チームでもあるアンギラスさんに8-1の5回コールドで勝利。
見事、初優勝を飾ることが出来ました!!

選手の皆、本当におめでとう!!
頂点に至るまでの道は決して平坦なものでなく、かつ誰一人欠けられない最少人数で挑戦した中、全員野球で勝ち取ることが出来ました。
また、オークスに新たな歴史を刻むことが出来ました。

「感謝」
やはり、仲間、監督、ヘッドコーチ、コーチ、そしてお父さん、お母さん、OB・OGも忙しい中応援に駆けつけて頂き「感謝」しかありませんね。
また、このコロナ禍の中、難しい判断を迫られつつも本大会を開催頂けた八少連の関係者には感謝しかありません。
この場をお借りし、御礼申し上げます。

本当にありがとうございました!!

10/18(日)から開催予定の都大会、八王子代表として目一杯楽しみ、暴れてきましょう!!
皆様、応援、宜しくお願い致します!!

第45回 八王子少年軟式野球 秋季大会 開催中!!

大変ご無沙汰しております!!
新型コロナウイルスの影響で春季大会、ジャビットカップ八王子予選、市長杯といった主要な大会が残念ながら中止となってしまいました。

6年生にとってはオークス生活が最後の年。
ようやく秋に向け、待ちわびていた公式戦がボチボチ始まりました。

先週末には第45回 八王子少年軟式野球 秋季大会の初戦がありました。
初戦の相手は今年の新人戦準優勝となった鑓水フェニックスさんでしたが、手堅く初戦突破となりました。
今週末は第三地区ライオンズさんとの2回戦があります。
先日、中央リーグ戦で戦い、勝つことが出来ましたが、油断は禁物です。
常に挑戦者の気持ちを忘れず、一戦必勝、一球入魂で全員野球で挑みましょう!!

この大会に優勝すると、この特別な年のための救済として、高円宮賜杯第 40 回記念全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント東京都大会兼フィールドフォース・トーナメントという上部大会が開催されることになりました。

出場チーム全チーム、当然ですが最初で最後の上部大会に出場すべく頂点を獲りにきます。
我がオークスとしても繰り返しになりますが、頂点を見ず、目の前の相手、一戦必勝、一球入魂で全員野球で挑みましょう!!

皆様、応援、宜しくお願い致します!!