理念と指導方針

<理念>
野球を通じて地域の子供達がいつも元気で健やかに育つことを願い、専任スタッフ、保護者が一丸となり、協力し合って年初に掲げた目標に向かい活動します。

子供たちに学んで欲しいこと
○感謝の気持ちを忘れないこと。
○礼節を守り、しっかりと挨拶をすること。
○チームワークの大切さ。
○最後まであきらめない強い気持ちを持つこと。
○目標に向かって努力することの大切さ。

<指導方針>
専任スタッフを中心にして、掲げた理念のもと目標の達成に向けた指導をします。
チームにおける目標と詳細な指導方針は監督が決定します。
協力して頂けるアシスタントコーチは、監督の指導方針、指導方法に従います。

※専任スタッフは指導内容について随時、話し合いの場を持ち、常にベストの指導を心がけます。
※アシスタントコーチはオークスに子供が所属する父兄、母及び親戚等とし、監督の指導方針のもと、専任スタッフの補佐として子供達の指導に協力します。
※アシスタントコーチは原則として子供達と等しく監督の話を聞き、監督の指導内容を把握します。
※グランド内では監督の方針に従います。
指導方法に関する疑問や意見、提案等は子供達の混乱を招かないように練習時間外に直接専任スタッフに申し出ることとします。
※保護者の皆さんは子供達の手本となるように礼節をわきまえ、挨拶を励行します。
チーム内はもちろん、とくに他チームの保護者や指導者、大会関係者、審判など。