南多摩・武相地区親善大会2回戦!

ジュニアチャンピオンシップ八王子予選の準優勝で掴んだ南多摩・武相地区親善大会の切符。
初戦の相手は、調布市代表の調布フェニックスさん。

人数ギリギリのオークス低学年は、主力の3年生1名を欠いて、
ジュニチャン決勝の最終回、代打で結果を残した2年生をスタメン起用します。

試合はオークス先行で始まり、初回の先頭、背番号10の先制パンチは初球ツーベースで出塁、
2番背番号7はライトライナーの惜しい当たり、3番背番号1は2球続けて体に近いボールの後、
きっちりレフト前へ運び、幸先よく先制点を取りました。

続く4番背番号5は初球センターオーバーの素晴らしい当たり!
誰もがランニングホームラン!と思ったところ、ボールはなぜかネットの下をすり抜けてしまい、
エンタイトルツーベースに…「ホームラン1本損したー(笑)」と悔しがるも、
4番の当たりが出てきたことは心強い。

1回裏の守りは、先頭バッターに三遊間のヒットで出塁を許すと、ワンアウト後にサードエラー、
その後ショートへの微妙な当たりの内野安打等であっさり2点を返されます。
野球は点を取ったあと守りが大事なのですが、勝ち越されなかったのでよしとしましょう。

2回表の攻撃は、ワンアウト後にスタメン起用の2年生が、
きっちり四球を選んで出塁するも無得点。

2回裏の守りは、立ち上がりに苦しんだエースピッチャーが三者三振に切ってとり、
攻撃へのリズムが生まれました。

3回表は打順よく1番からの攻撃で、またしてもヒットで出塁。
本当にいい1番バッターになってきました。
すると、先程惜しい当たりの2番背番号7がレフトオーバーのスリーベースを放って勝ち越し!
その後、4番背番号5のセカンドゴロの間にさらに1点追加し、4-2となります。

勝ち越した後の大事な3回裏ですが、センター前へのポテンヒットで先頭の出塁を許すと、
盗塁、ワイルドピッチ等で1点を返されます。
しかし、何とかこの1点で凌ぎました。

追加点が欲しい4回表、2年生がライトへの飛球で出塁(記録はエラー)するも無得点。
それにしても、この2年生はオークスの秘密兵器になりつつあります。

4回裏からはピッチャーを背番号10にスイッチ。
テンポよく全てサードで打ち取り、5球で三者凡退に。
素晴らしい投球です。

最終回の攻撃は、2番からの好打順。
絶対に追加点が欲しいところで、ツーアウトから4番背番号5のセンター前ヒット。
この4番のバッティングセンスは天性のものがあります。
しかし、ランナーを出すも無得点。

このチーム、1点差ゲームは初めてです。
観ているスタッフや親はハラハラドキドキでしたが、
やっている本人たちはどう感じていたのでしょうか。

いよいよ最終回、ワンアウト後にヒットを打たれ、盗塁を許し、ランナーは2塁へ。
相手3番バッターの当たりはセカンドへのフライ、
試合中エラーもあった3年生セカンドがしっかりキャッチ!(母いつもどおり号泣)
そして、最後のバッターをサードゴロに打ち取り、なんとか勝利することができました!

痺れる1点差ゲームを経験し、勝つことができたことでまた成長させていただきました。
特に4年生、5人しかいませんが、それぞれの持ち味を発揮して頑張っています。

細かい反省点は多々ありますが、それより何より、今日の相手チーム、
調布フェニックスさんから見習うべき点も多々ありました。
挨拶、礼儀、試合中の声掛け、ポジションまでのダッシュ、
打席での粘り等、まさに学童野球のお手本のようなチームでした。
また是非対戦をお願いしたいです。

次は準決勝、このチームで1試合でも多く試合ができるように、頑張りましょう!

気持ちをひとつに

快晴の空の下、滝ケ原グラウンドで八王子選手権の2回戦が行われました。
ベスト4進出をかけ、同じ中央リーグ所属のアンギラスさんとの対戦です。
アンギラスさんとは、今年度1勝2敗と分が悪く、当たりたくなかった相手です。

それに加えて最近のオークスは、なかなか打線がつながらず
さらに投手陣も思うようなピッチングができず苦戦が続いています。

先日の中央リーグのフレンズジュニアさんとの対戦では7三振を奪われての敗戦。
監督からは気持ちの問題だ!と…
この日は好調5年生を先発に起用し、回ごとに円陣を組み気合を注入して臨んだ試合でした。

オークスは後攻です。
1回表、先頭を三振に打ち取り上々の滑り出し!と思われましたが、
2番に四球を与えると3番の内野ゴロを上手く処理できずエラーとなりピンチを迎えてしまいます。
しかし、ストライク先行の良いリズムで打たせて取るピッチングで無失点で切り抜けました。

「ピッチャーがいい流れを持ってきてくれました!
先制点取って、こっちにもっと流れもっていきましょう!!」

1回裏、猛打爆発!と行きたいところですが3者凡退に打ち取られます。

2回表、1アウト後に四球を与えてしまうと8番打者の当たりはライト前への飛球。
ダッシュ一番、ダイビングキャッチ捕球しワンアウト!
後続もファーストライナーに打ち取り得点は許しません。

「ライトのいいプレーがでて、流れはきてるよ!
ここで先制して勝ちにいきましょう!!」

2回裏、守備で作った流れを攻撃につなげたいところです。
先頭の4番がセンターへの強襲ヒットで出塁します。
5番にはエンドランのサインが、しかしこれが裏目で、
ショートライナーとなりダブルプレーとなってしまい結果的に3者凡退となります。

3回表、先頭をセンターのナイスプレーでアウトにするも、連続四球でピンチを迎えます。
しかし、またもライトの好プレーで得点を許しません。

「ライトがカッコいいプレー見せてくれました!
 勢いに乗ってランナーためて先制点とりにいきましょう!」

3回裏、先頭が四球で出塁すると盗塁と内野ゴロで1アウト3塁のチャンス。
9番にはセーフティースクイズのサイン。
上手く3塁線に転がしましたが、1塁は惜しくもアウトに。
その送球間に3塁ランナーがホームを狙いましたがタッチアウトとなり得点できませんでした。

4回表、ツーアウトを取ったところで球数制限となり、マウンドを6年生に託します。
この3回までの投手戦からの緊張か、ストライクが入らず、連続四球を与えてしまいます。
しかし、しっかり踏ん張って後続は打たせて取り、無失点で切り抜けます。

「ピッチャーきっちり抑えてくれました!
打順1番から、ここで先制点取って、ピッチャー楽にしてあげましょう!!」

4回裏、先頭の1番が四球を選ぶと、俊足を生かし二盗、三盗を決めノーアウト3塁に。
続く2番の当たりはショートゴロ。
ショートからの送球をファーストが弾いた隙を見逃さず3塁ランナーがホームイン。
ついに均衡を破る先制点!!

続くキャプテン、レフトの頭を越えるランニングホームランで3-0とリードを広げます。
さらに今日はレフトでのファインプレー、継投でふんばった6番がレフトオーバーの大飛球。
涙・涙のランニングホームランとなりました!

5回表、惜しくも併殺とならなかったプレーもありましたがこの回も無失点で抑えます。

最後の円陣!流れがきている!!
ここでたくさん点とって、試合決めちゃいましょう!!」

5回裏は、内野ゴロでも全力で1塁ベースを駆け抜けようとする気迫で
相手守備のミスを誘い、2点を追加しました。

6回表、ツーアウトながら満塁のピンチを迎えます。
ここでキャプテンに継投。
相手打者の粘りに屈し、押し出しの四球を与えてしまいますが失点はこの1点のみ。
後続は抑え6-1での勝利となりました。

この日は終始、気持ちを強く持って集中力を切らさず、
控え選手も含め声を掛け合い気持ちをひとつにして勝ち取った白星でした。

しかし、2ホーマーはあったものの打線はだいぶ控えめな印象…。
準決勝では猛打爆発を期待しています!

アンギラスさん、対戦ありがとうございました。

For The Team

23日は、ジュニアチャンピオンシップ八王子大会の決勝戦!
現在の6年生は2年前のこの大会で優勝し、都大会に出場しました。

トップチームのメンバーも低学年チームの応援に滝ケ原グランドに駆け付けました。
劣勢が続く中、上級生たちは大きな声で声援を送り続けました。
優勝は逃しましたが、次の南多摩・武相地区親善大会でこの悔しさを晴らしてほしいところです。

トップチームは滝ケ原グラウンドから川町野球場に移動して中央リーグの試合、
小宮シャークスさんとの一戦です。
怪我人が出てしまったため、首脳陣は選手起用に頭を悩ませます。
守備力重視の布陣で臨みました。

1回の表、オークスの先発は久々にマウンドに上がる6年生。
この日は制球重視の投球です。
これが功を奏し、相手打者のタイミングを外し無失点に抑えました。

その裏、先頭打者が死球で出塁すると、盗塁もあり先制のチャンスを作ります。
ここで3番はセカンドへの内野ゴロ。
外角の球を流し打つ見事なチームバッティングで先制に成功します。

2回は両チームとも無得点で3回に進みます。
3回の表も、相手打者の打ち気を反らすピッチングで無失点です。

その裏、久しぶりにオークス打線がつながります。
四球も交えチャンスを作ると、キャプテンがレフトオーバーの打球を放ちます。
タイムリースリーベースで、満面の笑顔です!
5番を打つ5年生も続くなど、この回は8得点のBIGイニングとなりました。

4回の表も無失点で切り抜けると、その裏、6年生がタイムリーを放ち1点を追加。
ここでコールド勝ちとなり、リリーフの準備をしていた5年生はちょっと残念。
10-0での完封勝利です。

この日の勝利には伏線がありました。
前日のアンギラスさんとの対戦。
制球が定まらず、初回に6点を奪われました。

その後少しずつ追い上げるも、最後はランナーを溜めることもできず敗戦していました。
監督からは、勝つためには何が必要かよく考えないと!ここで長打が必要か?
強引に打ちに行ったり、ランナーを溜めなきゃ勝てないのに
無理に次の塁を狙ってアウトになったり...と反省を促すお言葉が。
そんな反省点を心に刻んで臨んだ試合でした。

来週からは負けたら終わりの八王子選手権が始まります。
For The Teamを胸に刻み、優勝目指して頑張ってほしいものです。
アンギラスさん、小宮シャークスさん、ありがとうございました。

ジュニアチャンピオン大会決勝戦!

いよいよジュニアチャンピオン大会の決勝戦。

大会前は、このメンバーで本当に試合ができるのかと不安要素だらけでしたが、
4つの勝利を積み重ねて掴んだ舞台です。

決勝戦ということで、トップチームの皆さんも応援に駆けつけてくれました。
右バッターしかいないオークス低学年にとって、打席から見える一塁側のこの応援は心強い。

相手は、帝京ベースボールジュニアさん。
前の試合や中央リーグスポーツフェスティバルを見ていても、個々の能力が非常に高いチームです。

オークスは、序盤から決勝戦の独特な雰囲気に呑み込まれます。
1回表の攻撃をあっさりと三者凡退に抑えられ、その裏の守りでは、
これまでの試合、安定した投球を見せていた背番号1が先頭バッターに四球を出した後、
帝京打線に掴まり、さらには守備のミスも重なり初回いきなりの4失点。厳しい立ち上がりとなりました。

その後も試合巧者の帝京さんに小刻みに追加点を重ねられます。
オークスもチャンスは作りますが、要所を抑えられ、4回に内野ゴロの間にようやく1点を返します。

しかし、その裏に1点を追加され、なおもランナー3塁のピンチ、
このランナーが返ればコールド負けという後がないところで、ピッチャーから3塁への牽制、
これにランナーが飛び出し、なんとかアウトを取って、首の皮一枚繋がりました。

最終回は、9番からの打順で代打の背番号24は2年生。
初球頭上のはるか上を越えるボールを空振り、誰もが厳しいと思いましたが、
その後ファールで粘り、なんとデットボールで出塁。
この土壇場で飄々と仕事をする2年生にあっぱれ!

しかし、1.2番が倒れ、本当に後がなくなったオークスは、ここから粘りを見せました。
臨時代走の盗塁や相手ピッチャーのボークで1点を返し、背番号1の3番がデットボール、
背番号5の4番は大ファール連発後の四球、背番号0の5番は追い込まれながらも三遊間を抜けるヒットでつなぎ、ツーアウト満塁に。

バッターは4年生の背番号7。
帝京さんが守備のタイムを取ったところで、監督がベンチに呼びます。
「指3本分短く持って、最後までピッチャーに胸を見せないで振り切っておいで」と、
敢えて具体的な指示を出す監督に頷く背番号7。

結果は、ショートゴロに打ち取られ、ゲームセット。

本当によく頑張った準優勝。成長の証の準優勝。でも、やっぱり悔しい準優勝です。

表彰式後の記念写真はどことなく悔しい感じの写真となりました。

オークス低学年は八王子の準優勝チームとして、南多摩・武相大会へ出場することになりました。
八王子準優勝の名に恥じぬよう、頑張りましょう。

対戦していただいた帝京ベースボールジュニアさん、都大会での上位進出を祈念いたします。
今後も同じ中央リーグのチームとして胸をお借りできればと思います。
また、連盟の皆様、本大会を運営し、子供たちに成長の機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。

最後に、オークス低学年は4年生5人、3年生4人、2年生2人、1年生1人の計12名で活動しています。
この12人の仲間を大大大募集しておりますので、いつでも体験にいらしてください!

あとがき
試合後の昼休み、いつものミニ野球ゲームで普段の笑顔に戻りました。
1年生から4年生が混じって、子供たちだけの遊び野球、これが一番楽しいんでしょうね。

中央リーグA秋季3戦目。

天高く馬肥ゆる秋!
プロ野球ではCSが終わり、間もなく日本シリーズが開幕。
MLBではポストシーズンの熱い戦いが佳境を迎えております。
ダルビッシュ投手の活躍に期待です!

オークスの子供たちも学校の運動会もあれば、
野球の試合も毎週のように入ってきて、スポーツの秋本番です。
大人は食欲の秋にまかせて肥え過ぎないよう、子供たちと一緒に体を動かさないと…

さて、先週の日曜日は中央リーグの試合でアストロジャガーズさんとの対戦でした。
6年生にとっては残された試合が数少なくなってきた中、
来年の主役となる5年生を先発ラインナップに並べての試合となりました。

試合前の先攻・後攻を決めるジャンケンから駆け引きが始まっています。
相手キャプテンに「チョキを出して!」と言われ、素直にチョキを出して勝ってしまったオークスキャプテン。
後攻を選び満面の笑顔です!

オークスの先発は来年のエース候補の一人である5年生。
前回の登板ではいきなり先頭バッターに死球を与えリズムを崩しましたが、
この日はストライク先行の打たせて取るピッチングで上々の滑り出しです。

1回裏、オークスの攻撃。
先頭の俊足5年生が四球で出塁し、すかさず盗塁を決めると
2番の5年生がライト前に弾き返すタイムリーヒット。
5年生の1、2番コンビで先制点をもぎ取りました。

2回表、先頭打者にツーベース打たれピンチに。
しかし、三盗を狙ったランナーを5年生キャッチャーが阻止!無失点で切り抜けます。

2回裏、先頭の6年生がレフト前ヒットで出塁し、ここでエンドランを仕掛けます。
5年生の打者が上手く1・2塁間に弾き返し大成功!
ノーアウト1・3塁のチャンスとなります。
内野ゴロの間に1点を追加しなおツーアウト1・3塁という場面で来年の4番候補に打席が回ります。
初球から思いっきり狙って行けと言われフルスイング!
ツーストライクと追い込まれはしましたが、右中間に弾き返す2点タイムリーで4-0と突き放します。

3回の表、先頭にスリーベースを打たれ、そのあと内野ゴロの間に1点を返されます。
しかし、センターを守る5年生の好捕もあり、追加点は許しません。

4回裏、先頭の5年生がヒットで出塁。
1アウト後、2番を打つ5年生もヒットで出塁すると3番の5年生は四球を選び、
5年生で満塁のチャンスを作りました。
ここで6年生の登場です!まずは4番のキャプテン!
打ちたい!!俺が決めてやる!!!そんな気持ちをグッとこらえ、押し出しの四球を選びます。
さらに5番を打つ6年生が2点タイムリーを放ち、7-1とリードを広げました。

5回表、5年生から5年生への継投です。
前回登板では四球を連発し1アウトも取れず交代となっていました。
しかし、この日は見違えるようなピッチング!
ストライク先行で打たせて取り、3者凡退に打ち取りました。

6回表、さらに5年生に継投です。
前回登板では散々なピッチング。
この日も先頭に粘られて根負けし、四球を与えてしまいます。
しかし同級生に負けられないという気持ちが勝ったか、
その後はストライク先行で打たせて取るピッチングがこの日はできました。
途中から出場している6年生が横っ飛びで捕球するなど気迫あふれるプレーも随所にあり、
2点は取られたものの7-3で勝利を収めました。

チーム一丸となっての価値ある勝利と言えるでしょう。
控えに回った6年生は試合に出たい気持ちがあふれ出ていました。
その気持ちを次週の試合で思う存分爆発させて欲しいところです。

アストロジャガーズさん、ありがとうございました。

ジュニアチャンピオン大会準決勝戦!

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋…
秋はいろいろなことがはかどり、物事に集中して取り組める季節。
オークスのチームカラーはエンジ。エンジは何となく秋を連想させるものです。
オークス低学年のエンジの選手達は「学童野球の秋」を満喫中。

ジュニアチャンピオン大会準決勝の相手は、同じ中央リーグの
小宮シャークスとアストロジャガーズの連合チーム、小宮ジャガーズさん。
夏の練習試合で負けている相手です。

今日はついにこの子がやってくれました。
これまで、潜在能力をずっと潜在させてきた背番号22。

練習では素晴らしい打球を飛ばしますが、試合になるとバットが出ない…
しかし今日は甘い球を積極的に自分から仕掛けにいき、第一打席でライトへの公式戦初ヒット!
相当な覚悟を持って打席に立ったのだと思います。
その後の打席は背中が大きく見え、全打席出塁。
彼が自信をつけたことは、このチームにとって非常に大きい。

そして、この試合も背番号1のピッチャーを中心とした守りで無失点。

背番号0のキャッチャーは、序盤フォアボールで出した嫌なランナーの盗塁を刺し、
テンポよくピッチャーをリード。

背番号23のセカンドは、3度の守備機会を確実にアウトに。
卒なくこなしているように見えますが、内心はドキドキ
(親はもっとドキドキ)しながらのプレーでしょう。

攻撃では、7番から9番までの下位打線で7度の出塁、
追加点が欲しいときにキャプテンの右中間タイムリーツーベース、
ツーアウトランナー無しから怒涛の繋ぎで10得点と、それぞれができることを。

オークスには決して上手い子はいない、低学年ですのでもちろんメンタルにも波があります。
でも、一回戦の試合前に整列したチームと、今日の試合の勝利後に整列したチームは、
まるで別の成長したチームとなりました。

いよいよここまで来ました。
決勝の相手は帝京ベースボールジュニアさん。
準決勝、決勝と痺れる1点差ゲームを制してきた、個々の能力が高い強豪チームです。

オークスの選手達には、どんな展開になろうとも、
絶対にあきらめない、気を抜かない、自分のやるべきことをやる、
そして、決勝戦の雰囲気をぜひ楽しんでほしいです。
結果は、神様しかわかりませんから。

決勝はオールオークスで応援します!
チームオークス皆で笑って泣ける劇的な「実りの秋」となりますように。

ジュニアチャンピオン大会3回戦!

いよいよベスト4を賭けてのジュニアチャンピオン大会の3回戦!

ここまで試合毎に力を付けてきているオークス低学年チーム。
準々決勝の相手はめじろ台ファイターズさんです。
今回はどんな試合展開が待ち受けているのか!?

オークス後攻で始まった試合。
今日の主役はなんといってもこの選手!
オークス低学年の大黒柱、背番号1番!

1回表、相手チームの攻撃。
1番バッターに内野安打を許し、盗塁2つでノーアウト3塁とピンチの場面。
先制点を許す覚悟した場面…ここで圧巻のピッチングを繰り広げてくれました。
なんと後続を3者連続三振に切って取り初回のピンチを0点で切り抜けます!

打ってはその裏、1アウトからレフトオーバーの先制2ランホームラン!!
一気にこちらに流れを持ってきてくれました。

そして大黒柱が作った流れを全員で丁寧に繋いで初回3点、
2回1点、3回5点と合計9得点!

またこの背番号1、初回の3者連続三振を含め大谷翔平もビックリ!
なんと8者連続三振!!投げて打ってと大車輪の活躍です。

またこの試合で嬉しかったプレーがもうひとつ。
ライトを守る背番号21、チーム唯一の女の子です。

実はこの子、数ヶ月前まではキャッチボールでボールを怖がっていました。
その子がなんとライトゴロをファーストでアウトにしたのです!!

試合にとってはただのアウトひとつかも知れませんが
このアウトはチームにとって、とても大きな1アウトだと思います。

男の子に混じって一生懸命努力した結果が試合で
成果として表れる、素晴らしいですね。

また試合に出ていない子も一生懸命、自分たちの役割を果たしていました。
本当に素晴らしいチームになってきました。

めじろ台ファイターズさん対戦ありがとうございました。

さぁジュニアチャンピオン大会もついにベスト4、次は準決勝です!

個人の力は、まだまだかと思います。
でも、野球は9人でやるものです。
このチームなら一丸となって相手に立ち向かってくれることでしょう。
ここまで来たら優勝するしかない!!
選手、指導者、保護者一丸となって優勝を目指しましょう!

本日もお疲れ様でした。

ジュニアチャンピオン大会2回戦!

2週に渡る悪天候により、中止となっていたジュニアチャンピオン大会。

日本のプロ野球は、セ・リーグではヤクルトスワローズが
新人選手のサヨナラヒットで優勝を決め、パ・リーグではオリックスバファローズが
ソフトバンクホークスと同率で対戦成績により優勝を決めました。
この2つの優勝は、どちらも最後まで何が起こるかわからない劇的な展開であり、
野球の醍醐味をファンに伝えてくれました。

我がオークス低学年チームは、試合がしたくてウズウズしていた様子。
雨のバッセンでチームメイトと会い、普段の練習でも常に「試合形式がやりたいです」と。

2回戦の相手は、船田ブラックジャガーズさん。

今日は嬉しいプレーが2つ。
それぞれ右バッターのお手本となる公式戦初ヒットです。

3年生の背番号23は、右中間へのタイムリーツーベース!
母の手作り応援うちわの効果か。
この選手、打席で誰よりも大きな声で気合が入ります。
アウトを取ったあとのグーポーズもたまりません。
野球が好きで好きでたまらない、野球小僧です。

そして、4年生の背番号7は、センターへのタイムリーヒット!
オークスには他の4年生より遅く入団し、一生懸命練習してきました。
最近の練習では調子を上げていたので、必ず打ってくれると信じていました。
慣れないポジションをこの選手が守ってくれるからこそ、
いま、チームとして形がはまっています。

「自信を持ってやろう」といいますが、
その自信とは試合で結果を出せたときに生まれるもの。
そして、試合で結果を出すためには努力することが大事、
努力せずに結果が出ても、それはただのまぐれでしかありませんから。
努力して出した結果は、何にも変えがたい自信となるのです。

他の選手も、盗塁を刺したり、フォアボールで後ろに繋ぎ、
ダッシュで審判にボールを渡すなど自分の役割をしっかり果たしました。

オークス低学年は、突出した選手はいない、特別に元気があるわけでもない、
人数もギリギリ、お世辞にも強いチームとは言えません。
ただ、この2試合で成長し、顔つきも変わってきているのがわかります。
このチームは、何か劇的なことを起こしてくれそうな、そんな予感がします。

トーナメントはここからです。
胃が痛くなるような痺れる場面を味わって欲しい。
そこを乗り越えられたらまた強くなる。

船田ブラックジャガーズさん、対戦ありがとうございました。

スコアラーのお父さん、赤ペンいっぱい使いましたね。
お疲れさまでした!

シーソーゲーム

シルバーウィークは雨に降られ、2試合が中止と
オークスにとって少し消化不良な3連休となりました。

唯一晴天となった日曜日、トップチームは秋季大会の2回戦でした。
対戦相手はなぜここで当たってしまうのか…強敵フレンズジュニアさんです。

オークス後攻で試合が開始します。

先発はエース左腕。
1回表、1番打者から三振を奪い、2番、3番を打ち取り8球の省エネピッチングでの好スタート。
1回裏、俊足1番が四球で出塁しきっちり盗塁。
ツーアウトとなり4番キャプテンがライト右に運びオークスが先制。
その後満塁からワイルドピッチで1点追加、オークス2点先制です。
1回終了2-0。

2回表、1アウトからヒットを許し、連続四球で満塁。
押し出しとワイルドピッチで2点を献上。
2回裏、先頭打者が四球で出塁し、送りバントとワイルドピッチで1点追加。
またもや俊足1番が出塁し、3番のレフト線へのタイムリースリーベースヒットで1点追加。
4番キャプテンもライトオーバーのタイムリーでさらに1点を追加!
取られた分はきっちりと取り返します。
2回終了5-2。

3回表、死球とエラーからタイムリーを浴びるものの2失点で抑えます。
3回裏、交代したサイドスロー投手に出塁はするものの得点できず。
3回終了、5-4。

4回表、キャプテンに継投。
連続死球で出塁し、キッチリ送り1アウト2、3塁。
ゴロに打ち取るも、送球がそれ同点に追いつかれます。
続くバッターはタッチアップで生還、送球が逸れ2塁ランナーも生還し、逆転を許します。
4回裏、オークスの攻撃は三者凡退。
4回終了5-7。

5回表、満塁のピンチになるもののしっかり三振、センターの落ち着いた打球処理でこの回無失点!
5回裏、時間的に最後の攻撃は3番から。
ここで相手のミスを誘い、同点のランナーが出塁。
そして4番キャプテンは水道管直撃のツーランホームラン!
笑顔が出るはずのシーン、しかしここではあふれ出すものが…

このあと5番がキッチリ四球を見極め、出塁するものの打ち取られ、
5回終了7-7。
オークス初めてのタイブレークに突入です。

タイブレークはノーアウト1、2塁からのスタートです。
タイブレーク1回表、送りバントで1アウト2、3塁。
その後、センターフライで2アウト、そこからタッチアップを狙うランナーを
きっちり刺してダブルプレー、ナイスセンター!
タイブレーク1回裏、勢いにのっていきたいもの無得点に終わります。

タイブレーク2回表、キャッチャーのナイス判断で送りバント阻止で1アウト。
ツーアウト後、ダブルスチールを決められランナー2、3塁となるもののここで三振を取ります。
喜び爆発!

タイブレーク2回裏。
運営サイドがくじ引きの準備を始めていました…

俊足2人が塁にいるところで3番からのクリーンナップという絶好のチャンス。
3番は送るのか打つのか…、打つと決めていました。
ツーストライクと追い込まれたところで、3球目を左中間に運び2塁からランナーが還りました。
2時間の激闘、劇的なサヨナラ勝ちとなりました。

オークスの選手たちは、勝ちたい、優勝したいと思う気持ちは強くあるものの
気持ちだけが先走ってしまい、ずっと苦しい思いをしています。
この試合は全員で気持ちを合わせて勝ち取った試合。
少しでも前に進めるものになったのではないでしょうか。
次はベスト4を目指し、春の王者に挑みます。

フレンズジュニアさん、ありがとうございました。
また中央リーグの試合でもよろしくお願いいたします。

5年生の活躍

台風の影響が心配された三連休初日、なんとか天気がもった土曜日。
南大沢小学校に日野万タイガースさんをお迎えして三多摩の予選を行いました。

6年生選手の1人、日野万タイガースさんの選手と
転校前に所属していたチームメイトとの再会がありました!
お互い驚いた様子でしたが、とても嬉しかったようです。

6年生は今年、八王子選抜や福島交流で今まで敵として戦ってきた選手たちと交流があり
新たな出会いがたくさんありました。

オークスを卒部すると、それぞれの道に進みます。
シニア、ボーイズ、軟式クラブ、中学部活。
オークスのチームメイトと対戦相手して再会、
八王子市内で戦ってる敵チームの選手とチームメイトとしての再会、
長い人生、この先野球をしていてもしていなくてもいろいろな舞台での再会があるかと思います。
同学年だけでなく、先輩たちや後輩たち、きっとたくさんの出会いがあるはず。
実際、オークスの父母でも、実は同じ学校の同級生だったいうのもあるのです。
未来があるってとても素敵です。

しみじみしてしまいましたが(笑)、今日は低学年の選手たちも応援してくれる中
オークス後攻での対戦がスタートです。

先発は6年生左腕エース。
今日も安定したピッチング、安心感があります。
そして相手投手も安定したピッチングで、出塁しても牽制や盗塁阻止で
お互い点を与えない、投手戦が続きます。

均衡が破られたのは4回裏。
ツーアウト2、3塁のところで、5年生代打が登場。
くすぶっていた打線に、目が覚めるようなクリーンヒットで2点先制!

5年生に刺激された6年生にも連打が生まれ、5回裏にも2点を追加しました。
積極的な走塁や、選手間で取る守備タイムも成長が見られました。

オークスの6年生は7人。
5年生の力を借りなければ成り立ちません。
二遊間、ピッチャーとして活躍、また代打で刺激を与えてくれ
常に声を出し、士気を高めてくれています。
戦力、サポートメンバとしてチームを盛り上げてくれる5年生。
今の6年生が、去年こんな風にできていたか?と思うと5年生には感謝しかありません。
来年のオークスを背負うのは君たちです!

最終回はキャプテンがピシッと抑え、4-1で勝利しました。
予選リーグの3勝目です。

日野万タイガースさん、ありがとうございました。
三多摩大会お互い健闘を祈ります。
決勝リーグでまたお会いできることを楽しみにしています!